地域畜産ふれあい体験交流活性化事業の普及啓発に係る
パネルを作成しました

 
 地域畜産ふれあい体験交流活性化事業の普及啓発のため、パネル2枚を作成し、内灘町の「夢ミルク館」に展示しました。「夢ミルク館」は11月にふれあい体験交流会を実施した場所であり、交流牧場にも指定されています。畜産物生産の現状や畜産の果たしている役割について消費者に少しでも理解してもらうために作成しました。

 今回作成したパネルは、牛の主な種類と乳牛の不思議を紹介したものです。小学生でも理解できるように、写真や図を用いて分かりやすくしました。
 一般に牛というと、ホルスタインをイメージしがちですが、ここでは6品種を紹介しています。中には、県内で飼育されていない「褐毛和種」や「無角和種」など珍しい牛も掲載しています。



戻る