令和2年度第1回北陸三県和牛子牛市場が開催されました

  
 令和2年5月28日(木)に金沢市の北陸三県家畜市場で、全農石川・富山県本部と福井経済連による、三県合同の令和2年度最初の「北陸三県和牛子牛市場」が開催されました。

 市場では167頭が出品され、地元石川県の雌牛40頭・去勢59頭を含む、雌牛67頭・去勢100頭がせり落とされました。
 市場価格の平均価格は609,599円と、2月に行われた市場の平均価格より、28,643円低下し、2回連続で価格が下落しています。
 
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、和牛肉の消費低迷が続き、黒毛和種の子牛価格や枝肉価格は、かつてない大幅な下落傾向にあります。厳しい状況が続いておりますが、国や県からも様々な対策が打ち出されているため、生産者の皆様には是非活用して頂き、この状況を乗り越えていきましょう。また、手洗いやうがい等の感染防止対策を十分に行って下さい。

 次回開催は、令和2年7月30日(木)となります。

   

◆北陸三県和牛子牛市場
  平均販売価格はコチラ

         ・出品牛の確認をしています                  ・関係者はマスク等で対策をしています

戻る