令和元年度第4回北陸三県和牛子牛市場が開催されました

  

 令和元年11月21日(木)に金沢市の北陸三県家畜市場で、全農石川・富山県本部と福井県経済連による三県合同の「北陸三県和牛子牛市場」が開催されました。当日は各県で和牛子牛品評会も開催し、会場は大きく盛り上がりました。

 セリ市場に先駆け県別の和牛子牛品評会が行われ、石川県では優等賞一席2頭、優等賞二席2頭、一等賞5頭が選出され、

 去勢の部では安田博さん出品の「安寿5597」雌牛の部では(農)たにうち牧場さん出品の「あき5064」が優等賞一席に選出されました。

 さらに各県から選出された優等賞一席を比較した結果、雌の部で石川県の代表牛が最優秀賞を受賞しました。

 市場では199頭が出品され、地元石川県の雌牛54頭・去勢60頭を含む、雌87頭、去勢112頭がせり落されました。

 市場価格の平均価格は668,156円/頭で、9月に行われた市場の平均価格より19,109円低くなりました。

 年内の和牛子牛市場は今回で終了し、次回は3か月後の2月開催となります。

 朝夕は冷え込みが急に厳しくなり、人間も牛も体調を崩しやすい時期となりましたが、体調管理には十分に気を付けて、来年元気なお姿でお会いできることを楽しみにしています。

次回開催は、令和元年2月27日(木)となります

   

◆北陸三県和牛子牛市場
  平均販売価格はコチラ

 子牛品評会の様子  セリの様子
   
 雌の部 優等賞一席「あき5064  去勢の部 優等賞一席「安寿5597
   

戻る