平成29年度第4回北陸三県和牛子牛市場が開催されました

  
 平成29年11月15日(水)に金沢市の北陸三県家畜市場で、全農石川・富山県本部と福井経済連による三県合同の「北陸三県和牛子牛市場」が開催されました。当日は激しい雨が降ったり止んだりと不安定な天気でしたが、悪天候にも負けず会場では威勢のよい掛け声のもとセリが行われました。

 セリ市場に先駆けて、富山・福井・石川の各県で和牛子牛品評会が行われました。石川県では、雌の部でたにうち牧場さん出品の「あき3004」と、去勢の部で干場辰浩さん出品の「干辰428」が優等賞一席に選出されました。
 さらに、各県で選出された優等賞一席を競わせた結果、雌の部・去勢の部の両部門で石川県の代表牛が最優秀賞を受賞しました。

 市場では136頭が出品され、地元石川県の雌牛34頭・去勢36頭を含む、雌51頭・去勢85頭がせり落とされました。
 市場価格の平均価格は604,743円/頭で、9月に行われた市場より平均価格が、81,420円と大幅に下落しました。
 

 年内の和牛子牛市場は今回で終了し、次回は年明けの2月開催となります。
 気温も低くなり、そろそろ雪が降る季節となりますが、外へ出る際は防寒対策をしっかりして、インフルエンザや風邪等には気を付けて下さい。
 
 少々早いですが、皆様よいお年をお迎え下さい。

 
 
 次回開催は、平成30年2月27日(火)となります。
 


◆北陸三県和牛子牛市場
  平均販売価格はコチラ

   ・雌の部 最優秀賞「あき3004」         ・去勢の部 最優秀賞「干辰428」


福井・富山・石川の受賞牛が並んでいます。

戻る