平成28度第3回北陸三県和牛子牛市場が開催されました

  
 平成28年9月28日(水)に金沢市の北陸三県家畜市場で、全農石川・富山県本部と福井経済連による三県合同の「北陸三県和牛子牛市場」が開催されました。当日はあいにくの雨模様でしたが、雨に負けないような活気のある中セリが行われました。

 セリ市場に先駆けて三県合同の和牛子牛共進会が行われ、雌牛から優等賞一席1頭、優等賞2頭、一等賞4頭が選出されました。
 今回石川県からは、優等賞に谷内潤二郎さんの「じゅん2402」が選ばれました。他にも、一等賞2頭が選出されました。

 市場では115頭が出品され、地元石川県の雌牛27頭・去勢31頭を含む、雌46頭・去勢69頭がせり落とされました。
 市場価格の平均価格は764,791円/頭で、5月に行われた市場より平均価格が43,791円あがり最高価格で110万円で競り落とされるなど、子牛価格は上昇している状況です。依然として頭数不足が常態化しており、価格の高止まりは続くと思われます。
 

 これから気温の寒暖差が激しい時期となります。風邪などを引かないよう、体調管理はしっかりと行ってください。


 
 
 次回開催は、平成28年11月15日(火)となります。
 


◆北陸三県和牛子牛市場
  平均販売価格はコチラ

 ・優等賞「じゅん2402」  ・一等賞「かすみ2233」
              


戻る